Muninn

 

潮の流れに乗って漂着してくる、たくさんのものたち。

ここ種子島にも、海に行くたびに新しい何かが漂着している。

 

私にとって漂着物とは、海の向こうで今を生きる人々の生活を知る手がかりである。

 

特にサンダルや靴、長靴など直接身体に接する履物には、

元持ち主の人生とひと時を過ごした履物の記憶も隠れているように思える。

 

だが、漂着物はいつか清掃され、砂に埋まり、風に飛ばされ、その場からなくなってしまう。

そこで私は、履物たちが長い航海を経てこの地にたどり着いた事実と、その見えない記憶をとどめておくために、

落ちている履物を1つ1つ写真に記録することにした。

 

撮りためていくうちに、履物を履いていた人々の生活に興味が湧き、

実際に自分の目で見てみたくなって、中国沿岸部の都市、香港へ渡った。

なぜ香港かというと、履物と一緒に落ちていたボトルのラベルに香港の住所が記載されていたからだ。

 

現地で見たのは、目の前をあっという間に通り過ぎていく圧倒的な数の足だった。

履物たちが、リアルタイムで持ち主との時間を共有していた。

それを眺めることは、履物たちが伝えてきた元持ち主像の答え合わせをしているようだった。

 

 

Muninn

 

Every single time I go to the beach, I find a lot of things washed up here in Tanegashima.

 

For me, stuff washed ashore gives a clue to know how people live abroad now.

Especially, ragged shoes directly contacting the body seem to include memories which they spend time with their former owner.

 

But, stuff might disappear due to cleaning up, or being buried in sand, or getting blown away.

So, I tried to record them in a photo to show the fact that they were washed up here and to remain their hidden memories. 

 

As I continue to take photos, I became interested in the people who used to wear the washed up shoes.

And I went to Hong Kong to see their real life. The reason why I chose there was that I found a Hong Kong address on the bottle lying near shoes.

 

What I saw there was that huge number of legs passed just in front of me.

The shoes were sharing their time with their owners in real time.

To stare blankly them was like comparing answers to match the image of former owners.